髪をいたわる

髪をいたわる

 20代の頃のことです。顔の吹き出物に悩まされていた時に、洗髪の際、シャンプーが顔にかかってシャンプーの刺激が肌に悪いのではと思い、それまで使っていたシャンプーから石鹸シャンプーに変えました。今のように肌に優しくて質のいい石鹸シャンプーはありませんでした。本当に石鹸そのものといった感じで、使うと髪はキシキシ言って、シャンプー後のブラッシングはブラシが通らないほどでした。無理にブラシを通そうとすると髪が切れてしまいます。それでも肌のために続けていたら、やがて髪がパサパサでツヤがなくなり、普段からもつれて広がる、ほとんどが枝毛・・というとんでもない髪になってしまいました。そんな髪を見せるのが恥ずかしくて、ずっとお団子ヘアにしていました。

 ところが就職活動を控えて、こんな髪ではいけないと思い、何とかしようと美容院で相談しました。美容師さんから「肌をいたわるのと同じように髪ももう少しいたわってあげてほしかった。」と言われました。髪の栄養がすべて抜けてしまっているとのことでした。

 ばっさりと髪を切り、あとはトリートメントとヘアパックをしてもらい、家でも美容院で買ったシャンプー、トリートメントを使うようにしました。トリートメントをした直後はいい感じなのに、ドライヤーで乾燥させるとすぐパサパサになってしまいます。頑張って続けて、元の髪に戻るのには1か月程かかりました。一度髪を痛めてしまうと、戻すのは時間がかかるのだと実感しました。

↑ PAGE TOP