髪をいじり過ぎたことでのダメージ

髪をいじり過ぎたことでのダメージ

 私は20代半ばの頃、もの凄いダメージヘアで悩まされた経験があります。一番最初の原因は、パーマとカラーを同時に行ったことです。私の髪質はくせ毛で水分の少ないパサついた髪の為、余計にダメージが酷かったのかもしれません。くせ毛にも対応できるよう強めのパーマ剤を使用し、少しでも軽く見せる為に明るめの色にカラーしたことで一気にダメージが襲ってきました。その後は以前よりも随分とパサつきを感じるようになり、毛先には少しずつ枝毛ができ始めました。

 枝毛ができ始めてからは一気にその量が増え、枝毛ではない毛を探す方が難しいほどにまでダメージが広がっていました。洗髪後にドライヤーで乾かす時には、髪が絡まることは毎回のことウエーブも、元々あるくせ毛なのかパーマなのかわからなくなるほどぐちゃぐちゃな状態にまでなり、更に酷くなると髪の毛が途中で切れてしまうことも頻繁にありました。

 あまりにもダメージが酷い為、シャンプー後のコンディショナーをダメージヘア用のトリートメントに変え、日中やドライヤーをかける前にはダメージヘアオイルを使用するようにしました。このように色々と試しましたが、ダメージが改善さることはありませんでした。どう頑張っても、現状維持という感じです。

 それからはパーマとカラーの併用は控え、パーマだけを継続。カラーした部分と生えてくる地毛の色とのギャップ期間は我慢することにし全部地毛の黒色に統一されると、パサつきは治まり、枝毛もほとんど見かけなくなりました。

↑ PAGE TOP