縮毛矯正でリカちゃん人形のような髪の毛になってしまいました

縮毛矯正でリカちゃん人形のような髪の毛になってしまいました

 30代の初め、癖っ毛の私は縮毛矯正をしていました。今でも縮毛矯正は費用がかかりますが、そのころは今よりもかなり高価でしたので、モニターやキャンペーンをやっているお店を選んで行っていましたので、毎回違うお店でした。いつもは1,2年空けてすることが多いのですが、半年したころに比較的安価にできるお店を見つけて、半年ぶりなら大丈夫ですよ~と言われたので、やってみることにしました。

 終わった後、なんだか髪がやけに茶色いなと思っていたのですが、夜だったのであまりよくわからずに帰宅。翌日、太陽の下で見てびっくり、髪の毛の下半分が金髪なのです。しかも、美容院で付けたクリームが落ちると、キシキシときしみがひどく、まっすぐにもかかわらず絡まって櫛でとくことができません。あのリカちゃん人形の髪の毛のようでした。

 すぐ、お店に電話したのですが、気に入らないのであればもう一度お店に来て、必要ならば修正すると言われました。でも、あまりのひどい状態だったので、同じ店に行く気になれず、髪に優しいお店と評判のお店を紹介してもらって行ってみました。

 原因は、縮毛矯正を強くやり過ぎたことで、髪が死んでしまったようです。とくに、前回縮毛矯正をやっていて2回目になっている部分がひどく、もう手入れでは回復するのは無理だと言うことで、泣く泣く髪を切ってもらいました。長さが足らなくて、1回で全部切ると借り上げになってしまうと言われて、3カ月後にもう一度切ってやっとなくなりました。それから、飛び込みのお店に行くのは怖くなり、決まったお店に行くようにしています。そしてそれ以来、縮毛矯正はしていません。

↑ PAGE TOP